宅建独学しながらパートしていた時。

Posted by げきやせ - 6月 28th, 2014

普通のカード会社で、パートで夕方だけ働いたときの事です。
その当時は宅建試験の資格勉強を必死にしていて日中を勉強時間に当てていた時です。
勉強している4
今考えると宅建独学で勉強している時間が一番落ち着いた時期だったかもしれませんね。

そこはとても有名なカード会社で、みんながよく知っている所でした。
受付したときに申し込みにやってくる人が、とにかく人相があまりにも口では言えないくらいひどくて、こういうと悪いけど、極端に落ち込んだ顔をしていて頬が驚くほどげっそりやつれているとか、何週間もろくすっぽ食べてなさそうに見えるだとか、ガリガリにやせこけているとか、なんだか会うのも怖いようなお兄さんたちが次々来るため、たとえパートにしたって、ほとんどやることは正社員と同じことをするわけですから、私まで応対するうちだんだん落ち込んでしまい、事務的に淡々と仕事はこなしていましたが、毎日仕事するのがなんだか辛くなってきて、とうとう辞めてしまったんですよ。

あんまり、お金を無さそうな人とやりとりするのは、渡す方もいい気がしないんだな、って…そんな風に思いました。
たまたま仕事が無いだけとか、運が悪かっただけとか、いろんな理由があると思います。
利息取るし、今までやったパートで、これが一番つらかった仕事でした。